ローカリゼーションマップ

自己申告は他人への奉仕? 「信用するふり」が必要なくなった社会 (3/3ページ)

安西洋之

 自己申告全盛時代は、異なった機関での照合などに手が回らなかったから、窓口は自己申告書をそのまま受け入れた。いや、そのまま受け入れてもらうため、こちらは頭をあれこれ捻って作文し、それが如何に信用のおける情報かを窓口で説得を試み、それが受理されたとき、勝利感を味わうのだった。その内容が記述として正確でないと仮に発覚すれば、責任を問われるのは自己申告をした人間だ。

 ある人は「窓口はこれまでの人生を語るところだ」と言い切った。

 しかし、今の時代の自己申告は「どうせ、照合するから」なのである。それこそ工夫して窓口で通してもらっても、その先のデータと合っていなければ、冷たく返却されるか、新たな書類を求められるだけだ。

 だったら、そんな自己申告書類はもう不要ではないかとも思うのだが、そこはどういうわけか化石のごとく、「自己申告した」という行為の証は欲しいのが役所のメンタリティーらしい。

 あまりにいびつだ。百歩譲って、それぞれの機関の担当者の心情が分からないでもない。何かの証拠はどんなカタチでもいいから、立場の安全を確保するに役立つのだ。

 そうか。今の自己申告書は他人への奉仕なのだ。窓口の担当者が平静に暮らせるための人助けだ…と思えば、怒りの矛先も行き場を失い、こちらも平穏な気持ちになろうというものだ。

 どの時代にあっても、自分の心を落ち着けるには工夫が必要だ。うん。

安西洋之(あんざい・ひろゆき)
安西洋之(あんざい・ひろゆき) モバイルクルーズ株式会社代表取締役
De-Tales ltdデイレクター
ミラノと東京を拠点にビジネスプランナーとして活動。異文化理解とデザインを連携させたローカリゼーションマップ主宰。特に、2017年より「意味のイノベーション」のエヴァンゲリスト的活動を行い、ローカリゼーションと「意味のイノベーション」の結合を図っている。書籍に『イタリアで福島は』『世界の中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』。共著に『デザインの次に来るもの』『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?世界で売れる商品の異文化対応力』。監修にロベルト・ベルガンティ『突破するデザイン』。
Twitter:@anzaih
note:https://note.mu/anzaih
Instagram:@anzaih
ローカリゼーションマップとは?
異文化市場を短期間で理解すると共に、コンテクストの構築にも貢献するアプローチ。

ローカリゼーションマップ】はイタリア在住歴の長い安西洋之さんが提唱するローカリゼーションマップについて考察する連載コラムです。更新は原則金曜日(第2週は更新なし)。アーカイブはこちら。安西さんはSankeiBizで別のコラム【ミラノの創作系男子たち】も連載中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus