受ける意義のある検診は個人によって違う 健康診断で出るデータの「正しい読み方」

提供:PRESIDENT Online
※写真はイメージです(Getty Images)

 思わぬ「要精密検査」に目の前が真っ暗……。そんなとき、うろたえるまえに、落ち着いてください。「病気である確率」は意外に低いのです。健康診断のデータの「正しい読み方」をお教えします--。

 検査と診断では使う数値が違う!

 会社の健康診断で悪い数値が出たり、予期せず「陽性」の反応が出たとき、どのくらい深刻に受け止めればいいのか。

 「端的に言えば、基準値から外れたからといって必ず病気だとは限りません。一方で、基準値内だからまったく気にする必要がないと考えるのも誤りです」というのは、亀田ファミリークリニック館山の岡田唯男院長だ。

 なぜか。まず項目によっては、検査で要注意と判定される数値と、医師が診断に使う数値がそもそも違っていることだ。

 「たとえば糖尿病検査では、空腹時血糖値が100mg/dl以上だと医師の受診を推奨されますが、医師が糖尿病と診断するのは126mg/dl以上の人です」

 血液検査などの基準値は、統計学的に「健常な人の95%がおさまる範囲」で決められている。一方、医師が病気を診断するときは、検査データに加え、喫煙習慣や血圧や肥満度、親族の病歴といった他の危険因子も、重要な判断の手がかりになる。

 「血糖値が110であっても、他の危険因子がゼロなら『どうぞ今まで通りの生活を楽しんでください』と言うこともありえます。逆に同じ血糖値でも、タバコを1日40本吸い、太っていて血圧も高めというような方は、糖尿病という病名はまだつかなくとも、生活改善を促すお話をさせていただくわけです」

 悪玉コレステロール(LDL)についても同様に、他の危険因子がどれだけあるかで、数値の許容範囲や治療開始の判断が変わってくるという。

 また、陽性/陰性の判定が出る検査では、病気でないのに陽性反応が出る偽陽性、逆に病気なのに陰性と判定してしまう偽陰性の問題もある。がんのように罹患率が比較的低い病気の場合は、その後の二次検査・三次検査でがんが見つかる「真の陽性」の人より、偽陽性の人のほうが圧倒的に多い。

 受けるべき検査、必要性が薄い検査

 たとえば、大腸がんの有効な一次検査法として知られる便潜血検査では、受診者の約7%が「要精密検査」と判定される。だが二次検査の後、実際に大腸がんと診断されるのは一次検査を受けた人の0.1~0.2%程度。偽陰性による見逃しを少なくしようと検査の感度を上げると、偽陽性が増えてしまうというジレンマもある。

 岡田院長は各種検査を、飲酒運転の検問のようなものと説明する。「怪しい人、つまり見つけたい病気の確率がより高そうな人と、心配しなくてもよさそうな人を大まかに振り分けるのが健康診断であって、病気かどうかを判定する『診断』行為ではないということです」

 そこを踏まえたうえで、どういうスタンスで集団検診や人間ドックに臨めばいいのか。「自分が受ける検査の意義や特性を、あらかじめきちんと理解しておくのが望ましいですね」。

 検診や人間ドックは、保険診療ではなく「自己負担」の世界。そのため、標準的医療の観点からは必要性が薄い検査もしばしば含まれる。

 たとえば、血圧測定や便潜血検査、肥満の人の糖尿病検査などは、死亡率の低下や病気の早期発見による利益が科学的に証明されている(年齢による)が、腫瘍マーカー検査のように、スクリーニング検査としての有効性について専門家の間で議論がある検査も少なくない。

 「たばこを吸わない人が肺がん検診を受ける必要はあまりないでしょう。脳ドック検診も、大半は手術しなくていい小さな動脈瘤か、隠れ脳梗塞の痕が見つかる程度。やるべきことは動脈硬化の対策で、他の標準的な検査で出る注意と変わりません」

 かかりつけ医に検診項目の相談を

 一次検査で要精密検査と出たとき、次にどんな検査や処置が待っているかも知っておこう。

 「針を刺して組織を取ったり、直腸からカメラや超音波機器を入れたりと、二次検査には肉体的負担が高いものがしばしばあります。偽陽性の問題も踏まえ、その辛い検査を受ける覚悟ができるかどうか。一次検査で陽性と出ても、二次検査を受けないのでは意味がありません」

 各種のオプションも含めた検査項目を、受診者自身が選ばなければならない現状は、医師の立場から言えば望ましくないと岡田院長。検診のすべてに意味がないわけではないが、受ける意義のある検診は個人によって異なる。100%病気の存在を意味するわけではない異常値が、不要な心理的・身体的負担を招くデメリットもある。

 「できれば事前にかかりつけ医や会社の産業医に、自分の年齢や危険因子をふまえた必要な検診項目は何か、陽性が出たらどうするか、などを相談したほうがいいでしょう」

 亀田ファミリークリニック館山 院長 岡田唯男

 神戸大学医学部卒。京都大学医学部付属病院、米ピッツバーグ大学メディカルセンター付属シェイディサイド病院を経て2006年6月より現職。専門分野は家庭医療学(日米の家庭医療専門医)、公衆衛生学、予防医学、総合診療など。

 (雑誌エディター/ライター 川口 昌人 写真=PIXTA)