【視点】歌姫を襲った線維筋痛症 日本、患者200万人も低い認知度

 

 □産経新聞編集委員・工藤均

 米国の女性歌手、レディー・ガガさんが9月、体調不良により活動を一時休止することを明らかにしたのは記憶に新しい。原因は「線維筋痛症」という病気だった。実は、日本では中年女性を中心に200万人もの患者がいると推測されているが、症状が多く、原因も未解明なため的確な治療が困難という。これだけ多くの患者がいても、社会の認知度も低いままだ。

 日本線維筋痛症学会の西岡久寿樹理事長によると、西岡氏を中心に厚生労働省に研究班が発足したのが2003年10月。調査の結果、人口の約1.7%、約200万人の患者がいると推定され、75%以上が女性で、30~50代の発生率が高かった。

 主な症状は全身に激しい痛みが起こる慢性の疼痛(とうつう)とこわばりだが、疲労、抑鬱感、不安感など多彩だ。重症化すると、爪や髪への刺激や気圧の変化で激痛が走る。血液検査などでは異常がなく、自律神経失調症、更年期障害などと診断された。社会の理解度が低く、患者が孤立することも。10年前、育児休業中に自殺した女子アナウンサーも線維筋痛症を患っていた。

 発症には2段階のステップが考えられている。1つは思春期に受けたトラブル、手術や事故による外傷などだ。ガガさんは思春期に性的被害を受け、その後PTSD(心的外傷後ストレス障害)などに苦しんでいたことを明らかにしている。2つ目はその後、身内の不幸や離婚、介護など、新たなストレスが加わるケースだ。

 私事で恐縮だが、妻(59)も4年前の夏、全身に強い痛みが走った。検査の結果は異状なし。病院を転々とした後、線維筋痛症を疑われた。診察はカウンセリングと鎮痛剤の処方。約1年後、再び痛みに襲われ、鎮痛剤の量が増えた。妻は記者が単身赴任をした約3年間、同居中の義母の介護を続け、義母が入院後に発症した。今も気候の変化やストレスなどで軽い痛みが出る。2度、救急搬送されたときの発作の恐怖を抱えながらの生活が続いている。

 日本では5年前、鎮痛剤が認可された。だが、あくまでも症状を軽減する対症療法にすぎない。症状が多い線維筋痛症は鎮痛剤だけではコントロールしにくいのだが、医師によっては「鎮痛剤を出せばいい」となる。また、体を押すと痛みが出る「圧痛点」の数など、診断の指標となるガイドラインも作成されたが、同様に症状の多さが壁となっている。

 02年10月に結成された患者団体「線維筋痛症友の会」(会員数約3800人)の会員への調査(15~16年)によると、1カ月の医療費の自己負担額は1万~2万円未満(25.5%)、2万~3万円未満(11.4%)など。なかには10万円を超える人もいた。就労については「問題なく働ける」は2.6%しかいなかった。

 友の会では、医療費が助成される指定難病への対象を求めているが、難病法の(1)治療方法が確立していない(2)患者数が人口の0.1%程度(約12万人)以下-などの基準に該当せず、指定されていない。橋本裕子理事長は「原因不明で治療法がない病気が難病。重症なら治療や支援は必要。一定期間だけでも無料にしてほしい」と話す。

 厚労省は今年度、慢性疼痛対策の事業費として約1億4000万円(当初)を計上しているが、線維筋痛症は無数にある慢性疼痛の一つ。十分とはいえない。また、行政に影響を与える研究班事業も重要だ。同省の福井亮・難病対策課課長補佐も「医療にはさらなる向上を期待している」と話す。ただ、多忙な医師たちに対し、依頼する行政側がどれだけ要求できるのか。

 研究段階だが、明るい話もある。横浜市立大と長崎大などの研究チームが9月、原因物質の候補となるタンパク質を発見したと発表した。横浜市大大学院の西村善文学長補佐は「根本的な治療薬につなげていきたい」と話している。

 西岡氏は「線維筋痛症の治療にはさまざまな領域の医師が連携するチーム医療が必要。患者の訴えを医師が謙虚に聞くトレーニングも重要だ。医師はもっと勉強し、踏み込んだ病気のメカニズム解明と治療薬の開発を推進すること」という。それこそが適切な医療体制の構築につながると思う。