逆風に見舞われる「紙の辞書」 改訂は「社会的使命」…新字源 23年ぶり、広辞苑 10年ぶり

 
10年ぶりの改訂となる「広辞苑」改訂版(第7版)

 漢和辞典『角川新字源』(KADOKAWA)が23年ぶりに全面改訂された。国語辞典『広辞苑』(岩波書店)も10年ぶりの改訂版を来年1月に刊行することを発表。ネット検索が普及して、「紙の辞書」は大逆風に見舞われているが、「正しく言葉を使うための必需品」「社会的意義がある」という思いが辞書編集者たちを支えている。(磨井慎吾、篠原知存)

 『新字源』は、ほぼ半世紀前の昭和43年に初版を刊行。平成6年に改訂版が出た。累計570万部で、日本でもっとも利用者が多い漢和辞典とされる。

 今回の改訂では見出し語(親字)を9000字から13500字に増やし、JIS第1~第4水準をすべて収録した。デジタル機器の普及によって印刷で使える漢字が増えて、人々が目にする漢字も増えていることに対応したという。字の意味や読み方、用例についても、研究が進んだ点などを取り入れてすべて見直し、書き直した。どのページを開いても、押さえなくても閉じない装丁にして使い勝手を高めている。

 辞書は改訂が必須。同社辞書編集室の坂倉基さんは「刊行することができたので、次はどう改良するかを考えています。デジタル化、情報化時代に合ったかたちで、これからも進化していかなくては」と意欲を示す。しかし、大変な人手と費用がかかるのも事実。

 辞書の主なユーザーは学生層。進学に合わせて需要が生まれる。しかし子供の数そのものが減っている。投じた費用は、売れなければ回収もできない。辞書の刊行部数は年々減る一方で、改訂をあきらめる出版社も。出版大手の講談社は辞書の編集部をなくしてしまった。

 『新字源』も旧改訂版の初版部数は15万部だったのが、今回は初版5万部でスタート。「紙の辞書という文化が瀬戸際にあるのは確か」と坂倉さん。しかし、いくら時代が変わっても「調べる」という行為はなくならないし、紙には紙の良さがあると力説する。

 ネットでは、熟語や用例からの検索が簡単にできるが、あいまいな情報で探すのは不得意。一方、紙の漢和辞典は、読み方や書き方が正確にわからなくても、画数や部首から文字を探せる。探しながら、その字にまつわるさまざまな情報が一覧できる。似た成り立ちの漢字なども目に入る。

 三省堂の漢和辞典『全訳漢辞海』は今年1月に第4版を刊行した。平成12年の初版から数年おきに改訂を重ねる。同社辞書出版部編集長の武田京さんは「辞書は改訂するものというのが大前提。次の改訂のことは常に考えている」と語る。ユーザーの声を反映させてよりよいものを目指す。「辞書は単なる営利商品ではない。社会的意義を最優先しています。社会的使命は考えるし、そうでないとできない」

 10月に岩波書店が開いた『広辞苑』の改訂発表会見でも、岡本厚社長が「紙の辞書」の美点について熱く語った。

 辞書界のベストセラー『広辞苑』は20年刊行の第6版から10年ぶりの全面改訂で、第7版が来年1月に刊行される。しかし3年の第4版が220万部だったのが、改訂ごとに部数を減らしている。第7版の目標は20万部という。「フェイクニュースや人を傷つける言葉が飛び交う時代だからこそ、本物で誠実、そして確かな仕事に価値がある」

 岡本社長は地道な作業を積み重ねて改訂にこぎつけたことの重みを強調。「紙の辞書には手触りがあり、厚さがある。ある言葉を調べると、どのページのどの段にあるかが頭の中に入ってくるし、紙の香りも感じる。感じればそれは経験になる。経験というのは人間にとって大切なものであり、特に若い世代にとっては不可欠」

 使い込んでぼろぼろになった辞書を手放せなくなるのは、その辞書がその人の固有の本になるからだと持論を述べ、紙を繰る経験は記憶にも作用すると指摘。「デジタルはデジタルの利点があるが、紙の本にしかない価値もある。だからこそ私たちは紙の辞書にこだわるのです」