【静岡古城をゆく 井伊家躍進の礎】新野家再興(御前崎市新野) 261年…藩祖の恩人に報い

 
遠江・井伊谷から分寺された彦根龍潭寺の庭園=滋賀県彦根市

 彦根藩の第13代藩主・井伊直中には15人の男子がいたという。幕末の桜田門外の変で討たれた実子、井伊直弼(1815~60年)は十四男で、文化5(1808)年3月、十男として生まれた茂之進は、生後間もなく筆頭家老の木俣守易の養子に入り、中守と名乗った。

 6代前の木俣守勝は徳川家康に仕え、天正10(1582)年、本能寺の変に伴う伊賀越えで、井伊直政とともに岡崎帰国を手助けした。直後に勃発した天正壬午の乱に際しては、滅亡した旧武田家臣の招聘(しようへい)を家康から命じられ、それに成功すると、旧家臣たちを直政の傘下に組み入れ、「井伊の赤備え」として名をはせた。

 木俣守勝の夫人は「井伊家を救った情けの武将」と評される新野左馬助親(ちか)矩(のり)の娘・栄光大妹(六女・再婚)。彦根龍潭寺蔵の『新野左馬助家系図』によれば、左馬助の女子は8人で男子は末子の甚五郎一人であったが、「北条家属シテ小田原籠城節戦死」とあり、天正18年の豊臣秀吉による小田原征伐で戦死し、新野宗家は絶えてしまった。

 先の井伊家から木俣守易の養子となった中守は、井伊家の要職にいたが、木俣家の分家として新野家の名跡相続を命じられ、新野中守から大隅矩明となり、天保13(1851)年に新野左馬助親良と改名した。藩祖・直政の恩人の左馬助親矩の新野家を261年ぶりに再興し、知行2千石で別家する。再興が成されたのは左馬助の血を継ぐ初代・木俣守勝夫人の家系だったためとされる。

 新野親良は直弼が第15代藩主となった嘉永4(1852)年に家老となり、藩主、幕府大老となる異母弟を支えた。また、新野家本地に出向き墳墓調査を行い、現在の御前崎市新野字間蔵で墓石を発見し、そこに左馬武(さまたけ)神社として左馬助をお祀(まつ)りしている。(静岡古城研究会会長 水野茂)