なぜ「すぐやる人」ほど仕事が遅れるのか 一生懸命やっても評価されない理由

提供:PRESIDENT Online
写真=iStock.com/champja

 サボっているわけではないのに、職場で満足な評価を得られない人がいます。日本IBMでエグゼクティブ・プロジェクト・マネジャーを務める木部智之氏は「上司や職場の評価を得る上で、絶対に欠かせない視点がある」といいます。それはいったい何なのでしょうか-。

 ※本稿は、木部智之『複雑な問題が一瞬でシンプルになる2軸思考』(KADOKAWA)を再編集したものです。

 「いま、自分がどこにいるのか?」を見失ってはいけない

 フルマラソンを走ろうとするとき、最初の1kmを全速力で走ろうとする人はいませんよね。

 なぜかというと、目の前にある1キロは、42.195kmのうちの「最初の1km」だとわかっているからです。

 自分の能力を見極め、最適なペース配分を策定し、その計画に忠実に従って走らなければ、長丁場のフルマラソンを完走することはできません。

 逆に、目の前にある1kmが、42.195kmのうちの「最後の1km」ということがわかっていれば、もうどうなってもいいから、残っている自分のすべての力を振り絞って全力で走り切るに違いありません。

 大切なことは、自分の目の前の1kmが、

 ・最初の1キロなのか

 ・中盤の1キロなのか

 ・最後の1キロなのか

 を知ることです。

 そのために必要なのが「全体像を捉える」ことです。

 一見すると、すぐに行動にとりかかるほうが、先にゴールに着けるように思えるかもしれません。

 けれども、「即・行動」は「無計画」とも言い換えられます。今、自分が歩き出している道が間違った道だったり、ひどく遠回りの道である可能性もありますから、全体像を捉えるほうが大事なのです。

 重箱の隅ばかりつついていないか?

 仕事もまったく同じです。

 よく、「あの人は重箱の隅ばかりつつくよね」などと言われることがあります。全体のバランスを考えず、些末なことばかりにとらわれ、こだわっていることを揶揄する言葉です。

 では、そのような人たちはなぜ重箱の隅をつついてしまうのでしょう?

 答えは明らかで、今、自分がつついている場所が「重箱の隅」であることに気づいていないからです。

 重箱の全体像がわかっていなければ、自分がつついているところが隅なのか真ん中なのか、把握することができません。

 仕事の細部にこだわりすぎて、やるべきことの「本質」を見失うと、必ずヌケやモレが発生します。

 たとえば、作成中の資料のデザインに凝りすぎて、最も重要なコンテンツがストンと抜け落ちてしまったり……。自分自身は一生懸命やっていたにもかかわらず、最終的に良い結果を出すことができず、「あの人は仕事ができない」という評価に至る悪いパターンです。

 ゴールから逆算して走り出すために、全体像を把握する

 仕事をする上で大切なのは、「まず、全体を把握すること」です。

 そして、「その中から重要度を見極めること」です。

 最初に仕事の全体像を押さえた上で到達すべきゴールを決め、そこから逆算して手段や到達方法を考えます。それからようやく「さあ、仕事に着手!」という流れが理想なのです。

 どんな仕事でも、使える時間と費用は限られています。どんなにいいアイデアが100個出たとしても、その100個のアイデアを全部実行することはできません。実行するときは、限られた時間とカネで実行できる10個に絞る必要が出てきます。

 「何を実行し、何を捨てるのか?」

 この取捨選択をするためには、全体像がわからないと適切な判断ができません。

 上司は全体像を知りたがっている

 私が若手だった頃、会議の席などで、上司からしばしば「いま話しているものの総量はいくつなの?」「全体がわからないと判断できないな」という指摘をされました。

 当時は「なぜそんなことをいちいち確認するのか?」と理解できませんでしたが、自分がリーダーとして大きなチームを率いる今となっては、その意味がわかるようになりました。

 私が、ある部下から「今週は、他のものを後回しにして、このタスクに注力したいです」と相談されたとしましょう。

 ですが私は、とっさに判断できません。なぜかというと、ほかのことも含めた全体像がわからないからです。

 これがもし、「全体で見たときに、そのタスクがどれほどの重要度なのか」「後回しになる他のものに影響はないのか」といった全体にかかわる情報もあったなら、ただちに判断もでき、スピーディーにゴーサインを出すことも可能です。

 上司はモノを催促していない。情報を知りたいだけ

 ときおり部下に「あの資料、いつまでに作る予定?」と聞くと、「すみません! 急いで明日、提出します!」と焦って答えてくる人がいて、「別に急いでいるわけじゃないんだけど……」と残念に思うことがあります。

 上司である私が求めているのは、その「資料そのもの」ではありません。

 「作業は順調なのか」「いつぐらいに資料が手元にくるのか」というスケジュール感を知りたいだけなのです。

 たとえば、「2週間後に完成予定で進めています。いま着手して3日目ですが、だいたいの構成ができあがっていますので、週明けくらいには一度ラフな状態で確認いただく予定です」と答えてもらえると、順調かどうかがだいたいわかり、今後のチェックポイントを考えたり、自分のスケジュールを事前に調整しておくことも可能です。資料をもらった先にある作業がスムーズに進むわけです。

 仕事の全体像が見えている人は、誰からも愛される

 仕事は、「提出したら、そこで終わり」ではありません。資料を作成した本人にとっては、とりあえず「提出」が区切りになるのかもしれませんが、それは、仕事全体の中での「あるステップ」に到達したというだけのこと。

 ここからさらに、その資料をもとにした検討が行われたり、プロジェクトを始動させたり……という別な仕事につながります。

 つまり、ひとりが担う仕事は、大きな仕事の流れにおける通過点にすぎないということです。

 先ほど、上司がスケジュール感を知りたがっていることをお話ししましたが、自分の担当している仕事が、「大きな仕事の一部」というのを意識している人は、おそらく、こうした上司の要望に先回りして答えられる人です。そして、一緒に働いたときには、「この人とは仕事がしやすい」と感じてもらえる人なのでしょう。

 そして、日々の些細な仕事であっても、こうした仕事全体を俯瞰する目を持って取り組んでいる人は、上司や周囲に「仕事がデキる」と評価されるに違いません。

 どんな人も、自分の仕事がしやすくなるとうれしいものです。それが相手のおかげであれば、素直に相手を評価するはずですから--。

 木部 智之(きべ・ともゆき)

 日本IBMエグゼクティブ・プロジェクト・マネジャー。横浜国立大学大学院環境情報学府工学研究科修了。2002年に日本IBMにシステム・エンジニアとして入社。2017年より現職。著書に『複雑な問題が一瞬でシンプルになる2軸思考』『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』(以上、KADOKAWA)がある。

 (日本IBMエグゼクティブ・プロジェクト・マネジャー 木部 智之 写真=iStock.com)