宮崎駿監督の凄さは絵コンテ 庵野秀明監督が語るアニメ映像の“魂の重さ” (2/5ページ)

2015.5.31 07:02

「ニコニコ超会議2015」で行われた庵野秀明監督(中央)、KADOKAWA・DWANGOの川上量生氏(右)らによる「アニメの情報量」に関するトーク

「ニコニコ超会議2015」で行われた庵野秀明監督(中央)、KADOKAWA・DWANGOの川上量生氏(右)らによる「アニメの情報量」に関するトーク【拡大】

  • 弁当も本物を作り少しずつ動かして撮影した「オチビサン」(C)MoyocoAnno/鎌倉市豆粒町オチビ動画製作振興会

 情報量を増やしすぎると、子供には難しくなって見てもらえなくなるとも。そこで大切になるのが「情報のコントロール」だということを、庵野秀明監督は川上会長との対談で指摘した。「お客さんに何をどう見せるか、与えるか、感じてもらうかを考えるのがアニメーション」だと庵野監督。そのために、ストーリーも含めて情報量をコントロールして、伝えたいことが伝わるようにする必要があるという。

 そんな「情報量のコントロールの良い教科書」として庵野監督が挙げたのが、鶴巻和哉監督が手がけた「I can Friday by day!」という短編アニメ。「キャラクターを立てるには背景を薄くする。ここはどこですよという情報が最低限あれば良い。部屋の中か電車か登校中か。それ以上の情報はいらない。その中でキャラクターを可愛いための最低限の情報量で作る。メカはCGを使って描き込む。カチッとしたところをポワッとしたところを描き分けてみせる」。それらができているのが同作品だという。

 メリハリを付けることでクリエーターが見せたいものがくっきりと浮かび上がり、見る人にも伝わる。アニメに限らず、プレゼンテーションなど情報を伝達する場で活用できそうな方法論だ。

「落ち葉もひとつひとつ動かしていて、そのエネルギーが画面から伝わってくる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。