【砕氷艦しらせ 女性自衛官に聞く】甲板でランニング、船室で筋トレ、そして艦上露天風呂も! 初めて女性10人が乗り込んだ南極航海 (1/5ページ)

2016.6.26 17:22

しらせが接岸する一足先にヘリで昭和基地へ移動し、通信機器の設置作業を行う平川真由美1等海曹=(撮影日:2015年12月24日、海上自衛隊提供)

しらせが接岸する一足先にヘリで昭和基地へ移動し、通信機器の設置作業を行う平川真由美1等海曹=(撮影日:2015年12月24日、海上自衛隊提供)【拡大】

  • 「しらせでの食事はとてもおいしかったです」と話す(左から)平川真由美一等海曹、成田枝里香三等海曹、加藤文美海士長=神奈川県鶴見区のJMU鶴見(高原大観撮影)
  • インタビューに答える(左から)生方香菜子海士長、内田麻子二等海尉=神奈川県鶴見区のJMU鶴見(高原大観撮影)
  • 慰霊碑の富士ケルンがある地点に上陸したしらせの乗員。日章旗を掲げ、ラッパを吹く。この後は年に一度の清掃作業を行った。新田千秋三等海曹(左端)=南極(撮影日:2016年1月4日、海上自衛隊提供)
  • 慰霊碑の富士ケルンを清掃した(左から)平川真由美一等海曹、内田麻子二等海尉、新田千秋三等海曹=南極(撮影日:2016年1月4日、海上自衛隊提供)
  • 観測隊と共同で観測作業を行う成田枝里香三等海曹(中央)=南極(撮影日:2015年12月26日、海上自衛隊提供)
  • 氷床の調査を行う。中央が新田千秋三等海曹、左奥に内田麻子二等海尉=南極(撮影日:2016年1月8日、海上自衛隊提供)
  • 南極到着後、しらせのエンジン整備を行う新井由以子海士長=南極(撮影日:2016年1月13日、海上自衛隊提供)
  • ヘリをバックに微笑む加藤文美海士長=南極(撮影日:2016年1月15日、海上自衛隊提供)
  • 航海を終え、ドックに入った砕氷艦しらせ=神奈川県鶴見区のJMU鶴見(高原大観撮影)
  • 航海を終え、ドックに入った砕氷艦しらせ=神奈川県鶴見区のJMU鶴見(高原大観撮影)
  • 航海を終え、ドックに入った砕氷艦しらせ。錨などをひろげて補修作業が行われている=神奈川県鶴見区のJMU鶴見(高原大観撮影)
  • 航海を終え、ドックに入った砕氷艦しらせ。放水で外壁についたものを洗い流す=神奈川県鶴見区のJMU鶴見(高原大観撮影)
  • 航海を終え、整備中の砕氷艦しらせ=神奈川県鶴見区のJMU鶴見(高原大観撮影)
  • しらせで整備作業を行う加藤文美海士長=神奈川県鶴見区JMU鶴見のしらせ艦上(撮影日:5月24日)
  • しらせ艦上で整備作業を行う加藤文美海士長=神奈川県鶴見区、JMU鶴見のしらせ艦上
  • 調理作業を行う生方香菜子海士長=神奈川県鶴見区のJMU鶴見
  • 調理作業を行う生方香菜子海士長=神奈川県鶴見区、JMU鶴見

 第57次南極地域観測隊を乗せ、昨年秋から今春にかけて航海した海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」は、女性自衛官9人が初めて乗り込んだことで話題となった。総員約170人のうち、これまで女性乗員は医官1人だけ。今回は医官を加え、計10人の女性が乗艦した。「男社会」の艦内、南極で女性たちはどんな経験をしたのか。取材に応じた5人が、初めての南極航海をふりかえった。(高原大観)

 しらせは、昨年11月16日に海上自衛隊横須賀基地を出港。今年1月4日に南極の昭和基地沖の氷塊に接岸した。

 しらせ乗員の役割は多岐にわたる。往復の航海業務を担当するだけでない。気象庁や国立極地研究所などからの派遣で構成される観測隊の支援も行う。具体的には、航海中の海洋生物や水質の調査、実験の補助だ。南極大陸に着いた後は、観測支援に加え観測棟など建物の設営も手伝う。南極観測に必要な支援を幅広く行っている。作業内容に応じて昭和基地をはじめ、各地で観測隊の支援活動を行う。

 ■平川真由美一等海曹

 「南極行きを一番喜んでいた父がしらせ乗艦直前に急逝しました。なかなか父の死を受け入れられず、寂しい気持ちになっていた時に『たまにこうして会いに来るよ』と父が言う夢を見たことがありました。南極のオーロラなどの景色を眺めている時はいつも一緒に見ているような気がしていました。南極ではオーロラと天の川が同時に見えることもあり、迫力に圧倒されました」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。