なぜボクに聞いてくれないんだ… 新入社員がアナタに相談しないワケ (2/4ページ)

2016.10.1 17:04

【実際のところ、どうなのか】

 新人なのだから分からないのは当たり前。という事は当人達でも重々承知でありまして、だからと言って何でもかんでも質問や相談に来るかといったら、また違うのですね。振り回されるのも仕事の内、ということで辛抱して理由を見て参りましょう。

●何が分からないのか、いまいち掴みきれていない。

 仕事、人間関係、環境などなど、新人達の無垢な脳ミソは容量がすぐ限界に達するのですね。大学までヌクヌクと生活して来ているわけですから、突然の周辺変化に順応することを優先させるのは当たり前であります。これ迄をビニールハウスだとすると、社会は北極地といったところでしょうか。その位の変化ですから、イマドキにとっては。つまり、常に新しい情報が出ては消えていく頭の中は、不安と分からない事だらけでありまして。けれど“分からない事”が漠然とし過ぎていて質問として組み立たない、という状態なのですね。そして、いざ問題に直面した時に「あ、ここ確認してないとこだ」とヒヤヒヤいたします。後に先輩・上司から飛んでくる「分からない所あったら確認してねって言ったじゃん」に対しての反論は『今、分からないことに気づいたんです』であります。

相談する相手として見ていない?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。