医師に聞いた“老眼になりやすい人” 「メガネで度数進行」はデタラメ (4/5ページ)

2016.10.28 06:40

 「メガネ(老眼鏡)を使うともっと悪くなるから使わないと主張する方もいますが、それはまったくのデタラメです。メガネをかけたことが原因で視力は低下しません。老眼が1、2、3と3段階あったとして、1段階目でメガネを作って、2、3と進んだからといっても、それはメガネのせいではありません。たまたま進行中にメガネを使い始めたため、『メガネを作ったから進んだ』と思うだけなんです。逆にぎりぎりまでメガネを我慢して、3段階目まで進んでからメガネを作った人は、もう限界まで悪くなっているので次の段階には進まない。これを『メガネを作る方が老眼が進まない』と誤解しているだけです。しかし見えないのに我慢するよりも、早めに手元作業用のメガネを作っておくほうが、はるかに労働効率が上がります。進行したら、適宜メガネを調整していきましょう」

 初めてリーディンググラスを用意する上で気をつけたいのは、最初は度数をきつめにせず、「疲れにくいメガネ」を目指すということ。ハッキリ見えるとその瞬間の満足度は高いですが、逆に疲れやすくなってしまうからです。

 ここで気になるのが、すでに近視用のメガネを使っている場合です。リーディンググラスを単体で用意するのか、はたまた遠近両用(もしくは中近両用)にするのか、どちらがいいのでしょうか。

 「5メートル以上離れた場所と、手元が1本のメガネで見えるのが『遠近両用』、2メートル先から手元までが見えるのが『中近両用』です。外出に便利なのが遠近、室内で使うことを優先するなら中近ということになります。これらは1つのメガネで遠くも手元も見られるので便利です。ただ、どうしてもゆがみが生じるので、最初は慣れが必要です。早めに作っておけば目が慣れるのも早くなります。70歳を過ぎてから急に遠近両用にしようとしても、なかなか慣れないこともありますから。

最初に行くべきは眼科? それともメガネ店?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。