無駄遣いが止まらない…コンビニで「ついで買い」を減らす5つのテクニック (3/4ページ)

2017.2.18 16:10

2.相場観を養うためにコンビニ以外でも買い物をしてみる

 「アイスの例のように、どこでも買えるものなら通販やスーパーなどでは、いくらで売っているのかも意識しましょう。コンビニ弁当で300円だと手の平サイズでも、同じ値段でお弁当屋さんやスーパーの総菜コーナーなら男性でも満足できそうな量が買えたりします。コンビニはコンパクトにまとまっていてスピーディに買い物できることがメリットですが、お財布事情と相談したい方は、ほかの業態の利用もおすすめです」

3.自分でひと手間かけてみる発想をもつ

 「コーヒーでも、1カップごとにドリップできる豆を買い、職場のウォーターサーバーを利用すれば1杯20円程度から楽しめますよ。出勤時に毎日買うなら20日出勤としても店頭のドリップコーヒーSサイズ93円(税抜)でおよそ2,000円、この1ドリップコーヒーを自分で作るならおよそ500円と大きな差になりますよね。金欠なら、食パンとジャムを買ってオフィスでジャムパンを作るという非常作戦もとれますね。総額300円程度で2~3日はしのげますよ。ただし、パンの消費期限は短いので注意してください」

ポイント狙いで電子マネーやクレカを使うなら…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。