残業上限「100時間」めぐり経団連と攻防、合意できるかのボールは連合側に (1/3ページ)

2017.3.3 06:00

労使協議で注目される月間残業時間
労使協議で注目される月間残業時間【拡大】

 経団連の榊原定征会長と連合の神津里季生会長は2日、政府の働き方改革実現会議で議論されている残業の上限規制案に関する合意形成について、「3月半ばを目安に取り組む」考えをそれぞれ示した。両者は2月27日にも会談し、基本的な考え方などを確認した。だが、経団連が政府案の繁忙期の月間100時間の上限を容認するのに対し、連合は過労死の労災認定基準である100時間はあり得ないとの主張を続けており、合意に向けた溝は依然深い。

 那覇市で2日会見した榊原氏は神津氏との前回会談で、「重要項目での合意を決めた」と述べた。

 一方、東京都内でこの日会見した神津氏も「安倍晋三首相から労使協議を要請されたが、3月中旬には球を磨いてお返しできる」と、労使合意に自信をみせる。

 ただ、協議の進展について榊原氏は「どこまで進んだかはいえない」とし、連合側も「野球で例えるなら2回表に入ったところ」と、序盤との認識だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。