中学受験で「子供を潰す」母親の特徴 家庭崩壊に行き着く悲劇も (1/6ページ)

2017.3.18 16:02


【拡大】

中学受験の新年度開始!「何が何でも」受験させる母親は危ない

 新年度がすでに始まっている。中学受験業界の新年度は、4月ではなく2月である。

 多くの中学受験志望者は3年間の塾通いを経ての受験になるので、小学3年生の2月が初年度新学期となる場合が多い。よって、中高一貫校に我が子を通わせるかどうかの決断は我が子が小学3年生の時点(新4年生になる直前)でする、つまり今なのだ。

 さて、正月明けに講談社の編集次長が妻に対する殺人容疑で逮捕された件は記憶に新しいところだが、一部報道によると「受験させたい派の妻」と「させたくない派の夫」との意見の相違があったとも伝えられている。

 夫婦間の子育て方針の差異が招いた悲劇に中学受験が絡んでいるとするならば、ただただ切ない(中学受験はやってもやらなくてもどちらでも良い、つまり人生にとって、生死を賭けてまでやるものではないからだ)。

 さりとて、中学受験は結果的にパイの奪い合いという構造なので、経済的にも肉体的にも精神的にも大変厳しい世界であるのもまた事実。それゆえ、夫婦の合意はもちろんのこと、ゆめゆめ「何となく雰囲気で」参入してはいけない場所なのだ。

 しかし「お隣も受験するから」「中高一貫校の方が有名大学の合格実績が良いから」「公立中学だと何か不安」というような浅い動機で「我が子の特性」を置き去りにしたまま「特攻」していくケースもまた多いのが実情だ。

最悪、家庭崩壊に…!?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。