超優秀な人材が出版社に入るってホント? 三菱商事より難関だというが… (1/5ページ)

東京都千代田区にある集英社の本社。会社案内によると、2016年6月1日現在の社員数は754名(男性421名・女性333名)。
東京都千代田区にある集英社の本社。会社案内によると、2016年6月1日現在の社員数は754名(男性421名・女性333名)。【拡大】

 1位集英社、2位三菱地所、3位講談社。大学の入試難易度と有名企業の採用実績から「入社難易度」を算出したところ、トップ3のうち2社は出版社だった。「大学通信」の監修データを東洋経済オンラインが報じた。元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は「メーカーや銀行に入るのと同じ感覚で、出版社に入る人間が増えている」と嘆く。本当に優秀な人材を採れているのか--。

 「入社するのが難しい有名企業」とは

 1位集英社、2位三菱地所、3位講談社。

 東洋経済オンライン(10月6日)が配信した「『入社するのが難しい有名企業』トップ200社」によると、トップ3はこうなるそうである。

 『大学通信』の安田賢治常務取締役が、「有名大学からしか採用していない」「難関大学の指定校制がある」「“大学フィルター”を設けている」という人気企業の“噂”の真偽を検証するべく、駿台予備校の模試の難易度から「企業別入社難易度」を算出した。

 算出方法について、記事ではこう説明している。

 「今年の各大学・学部の入試の難易度平均(医学部と歯学部は除く)を、各大学の難易度とする。仮にA社の就職者の内訳が、東京大学5人、慶應義塾大学3人、上智大学3人だったとする。東京大学の学部平均難易度は69.8で、全大学でもっとも高い値だ。慶應義塾大学は65.1、上智大学は63.0になる」

 その結果、就職判明者が10人以上の企業に絞ると、「入社難易度」の高い順に、1位の集英社が65.0、2位の三菱地所が64.8、3位の講談社が64.6、4位の富士フイルムが64.4、5位の三菱商事が64.2となったという。

 集英社を例にとれば、65を超える大学は東大、国際教養大学、一橋大、京大、国際基督教大学、慶應と早稲田の7校だから、こういう大学からの採用が中心になると考えられるそうだ。

 「あきらかに難関大学から多く採用している」

 ちなみに6位から10位には日本経済新聞、伊藤忠商事、三井不動産、電通と住友商事が9位タイとなっている。出版社では小学館が38位。

 テレビは意外にもテレビ東京が13位でトップ。テレビ朝日とTBSテレビが19位タイ、日本テレビ放送網が28位で、視聴率が低迷しているフジテレビが59位。

 安田は「あきらかに出版社は、難関大学から多く採用している」と指摘している。

かつては早慶卒が多かったが、最近は東大卒が増加?