【ビジネスパーソンの必読書】『鉄道会社がつくった「タカラヅカ」という奇跡』『ユダヤ 知的創造のルーツ』『頭の中を「言葉」にしてうまく伝える。』 (2/3ページ)

『鉄道会社がつくった「タカラヅカ」という奇跡』中本千晶著(ポプラ新書・800円+税)
『鉄道会社がつくった「タカラヅカ」という奇跡』中本千晶著(ポプラ新書・800円+税)【拡大】

  • 『ユダヤ知的創造のルーツ』石角完爾著(大和書房・1600円+税)
  • 『頭の中を「言葉」にしてうまく伝える。』山口謠司著(ワニブックス・1400円+税)

 これらの二面性が独特の魅力を醸し出し、また幅広いファン層を獲得するのに貢献しているのは間違いない。

                   

 ■成功は戒律から!? 『ユダヤ 知的創造のルーツ』石角完爾著(大和書房・1600円+税)

 ユダヤ人に経済的成功者が多いことはよく知られている。世界に名だたるグローバル企業の創業者がこぞってユダヤ人なのはなぜなのか。

 ユダヤ教に改宗した日本人弁護士による本書は、ユダヤ人が厳密に守るべきだとされている戒律の中身を紹介。そこに「成功の源泉」を探っている。

 戒律の厳守は、不自由さを受け入れることでもある。たとえば食事戒律。ユダヤ教は、好きなものをたらふく食べるのを禁じている。これは「食べること」だけが人生の目的ではないことを教えるためだ。

 安息日を守るのも重要な戒律だ。毎週金曜日の日没から土曜日の日没までは、一切の仕事をしてはならない。この制限は、日本人が想像するより、はるかに厳密に守られているそうだ。