鉄道ファンに新種「もじ鉄」 (1/2ページ)

『もじ鉄書体で読み解く日本全国全鉄道の駅名標』石川祐基著(三才ブックス・1700円+税)
『もじ鉄書体で読み解く日本全国全鉄道の駅名標』石川祐基著(三才ブックス・1700円+税)【拡大】

  • 都営地下鉄と東京メトロが同じホームを共用する白金高輪駅。表示の書体が微妙に違う

 乗り鉄、撮り鉄、模型鉄など鉄道ファンを分類する言葉はいろいろ。でもこれは聞いたことがなかった。『もじ鉄 書体で読み解く日本全国全鉄道の駅名標』石川祐基著(三才ブックス・1700円+税)。

 グラフィックデザイナーが、北海道から沖縄まで全166社(路線)の鉄道・駅の看板や文字の違いを紹介している。たとえば、JR東日本の駅名標(ホーム上の駅名看板のこと)は、漢字が「新ゴB」、ローマ字が「Helvetica Bold(ヘルベチカボールド)」。これがJR西日本だと漢字は同じ「新ゴB」でも、ローマ字は「Frutiger Bold(フルティガーボールド)」だ。じつに細かい話なんだけど、これが面白い。

 駅名標は、乗客が一瞬で読み取れないといけないので、基本的な要素と配置は共通している。大きな文字で当該駅、左右に小さく隣接駅。そこは変えられない。制約の中で、各社は色や字体、デザインにそれぞれ工夫を凝らしている。微妙な違いの中に“個性”がみえてくる。

 東京メトロと都営地下鉄、じつは書体が「新ゴM」「新ゴDB」と違っている。両社が共同で使っている駅があって、〈2社のサインが同じホームに並ぶ光景はもじ鉄垂涎(すいぜん)〉。本でそう紹介されている白金高輪駅に行ってみた。階段を下りていくと…あっ、たしかに。