天気崩れ大雨に警戒 連休にかけ前線通過

 前線が接近、通過する影響で、日本列島は3日にかけ西から天気が崩れる。気象庁は1日、西日本から東日本の太平洋側を中心に、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、河川の増水や土砂災害に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、九州の西から東に前線が延び、2日夜には四国付近で前線上に低気圧が発生して本州の南岸を東北東に進む。また前線を伴った別の低気圧も日本海を北東に進む。これらに向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。2日午後6時までの24時間予想雨量は、九州北部の多い所で150ミリ。

 気象庁の週間予報によると、この前線の影響などで大型連休後半初日の3日は九州を除き全国的に曇りや雨になる。