75%が母の日に贈り物 母は「金額よりも気持ちを…」

 日本生命保険が13日の母の日を前に行った調査によると、母親にプレゼントを贈ると回答した人は全体の約75%に上り、平均予算は約5500円だった。花や食事といった定番の贈り物が人気だが、母親側は手紙やメールが欲しいとの回答も多く「金額よりも気持ちを感じられるものが喜ばれる」(担当者)と分析している。

 贈る予定のプレゼントは「花・カーネーション」が36・7%と最も多く、「食事・グルメ」が27・0%で2位だった。「手紙・メール・絵」は0・8%とわずかだった。

 一方、母親が欲しいプレゼントは「花・カーネーション」(26・2%)、「食事・グルメ」(26・1%)に続き、「手紙・メール・絵」が13・9%で3位。希望するプレゼントの金額は約3200円と、贈る側の予算と開きがあった。

 母親になってほしい著名人は、女優の吉永小百合さんが2年連続の1位だった。調査はインターネットを使って3月に実施。約1万人が回答した。