それは単なる自己陶酔 空気を読みすぎる人が「KY」になるメカニズム (1/4ページ)

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 空気が読めないのに出世する人の特徴

 社内を見回すと、空気を読んで行動することにずば抜けて長けていたのに失脚していく人間もいれば、空気を読まない言動が多いのに上司から気に入られて出世していく人間もいるのではないでしょうか。上司からすれば空気を読める部下のほうが使い勝手がいいはずだし、空気を読まない人間とは一緒に仕事もやりにくいはずです。それなのに、なぜそんなことが起こると思いますか。

 この謎は「空気を読む」という言葉を「忖度する」という言葉に置き換えると解決します。

 2017年の森友学園問題や大企業のデータ改ざん、昨今の政権与党へのメディアの自主規制など、さまざまな事件や問題が立て続けに起こったためにネガティブなイメージが定着してしまいましたが、そもそも「忖度」は「相手の気持ちを推し量る」という意味を持ち、戦わず、平和的に物事を進める日本ならではのコミュニケーションのあり方です。

 気持ちを慮って対応する文化

 自分基準で行動して自己主張する欧米では、言葉で伝え、説得し、意見が通らなければ闘いも辞さないという文化があります。だから裁判や争いごとが絶えません。

 対して日本では、自分の主張を相手に言葉ではっきり伝えたり、前面に押し出したりすることは恥ずかしいこととする考え方があり、「自分勝手な主張は見苦しいから」と遠慮をして口に出しません。受け取る側もそんな相手の要求や思いをくみ取り、気持ちを慮って対応する文化があります。

できなくても、しすぎても、減点の日本社会