北海道で3万6千戸停電 信号も一時止まる

 7日午前10時すぎから、北海道伊達市や洞爺湖町などの広い範囲で、計約3万6千戸が一時停電した。同日正午ごろまでに全て復旧したが、幹線道路の信号機が止まるなどの影響が出た。

 北海道電力によると、伊達市内の変電所の設備トラブルが原因で、状況を詳しく調べている。