太平洋側で依然大雨の恐れ 活発化した前線が停滞

 大型の台風5号は11日、日本の南の海上を北東に進んだ。夕方にかけて伊豆諸島に最接近する見通し。活発化した梅雨前線が停滞し、11日午前には関東から九州にかけて広い範囲で雨が降った。北日本でも太平洋側を中心に12日にかけて激しい雨が降る恐れがある。

 東京・伊豆大島では11日午後0時20分までの24時間雨量が200ミリを超えた。気象庁は降り始めからの雨が多くなっている地域で土砂災害や川の増水・氾濫に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、台風5号は11日正午現在、八丈島の南を時速約45キロで北東に進んだ。中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の南東側750キロ以内と北西側300キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 12日午前6時までの24時間予想雨量は、多い場所で関東と伊豆諸島で150ミリ、東北120ミリ、東海70ミリ、北海道60ミリ。