安倍晋三首相、働き方改革法の意義強調 「多様な働き方可能に」

働き方改革関連法の成立を受け、記者の質問に答える安倍首相=29日午後、首相官邸
働き方改革関連法の成立を受け、記者の質問に答える安倍首相=29日午後、首相官邸【拡大】

 安倍晋三首相は29日、今国会の最重要課題と位置付けた働き方改革関連法の成立について「非正規という言葉を一掃し、子育てや介護をしながら働くことができるよう、多様な働き方を可能にする法制度が制定された」と意義を強調した。官邸で記者団に述べた。

 同時に「今後も働く人々の目線に立ち、国会でのさまざまな議論も受け止めながら改革を進める」と語った。