大阪北部地震で電話不通の中「SNS」が威力 「家族に無事伝えられた」安否確認に重宝も (1/3ページ)

 災害時に家族らの安否を確認する手段として、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に注目が集まっている。大阪北部地震では大阪府内などで電話がつながりにくくなったものの、インターネットに接続できれば利用できる無料通信アプリ「LINE(ライン)」や交流サイト「フェイスブック」などで、家族らの無事を確認した人も多かった。「SNSを通じてデマが拡散された」といった課題を指摘する声もあるが、今後も非常時の「通信インフラ」として、存在感を増していきそうだ。

電車が止まり、JR大阪駅構内には階段に座り込み不安そうにスマートフォンを見つめる人々の姿が見られた=18日、大阪市北区(志儀駒貴撮影)

電車が止まり、JR大阪駅構内には階段に座り込み不安そうにスマートフォンを見つめる人々の姿が見られた=18日、大阪市北区(志儀駒貴撮影)

 公衆無線LAN開放

 《結構揺れたけど、こっちは無事だよ》。地震発生直後の18日午前、大阪市北区に単身赴任中の男性会社員(39)はLINEの「グループ機能」を使いメッセージを送った。グループ機能では、複数人でのメッセージのやりとりが同時に可能で、グループには東京に住む母親や妻が参加。投稿の直後、妻からこう返事があった。《よかった。電話がつながらなくて心配だった》。男性は「早く家族に無事が伝わりうれしかった」と振り返る。

 大阪北部地震の影響で、電話回線は大きく混乱。NTT西日本によると、通信設備に故障が発生し、大阪府で約1万2800件の加入電話が一時的につながらない状態になった。

効率的に回線使用