【書評】『日本で楽しむ「世界の絶景」』日本絶景研究会・著


【拡大】

 ■“うり二つ”の自然造形物紹介

 世界で「絶景」として知られる自然の造形物や遺跡などと“うり二つ”で、〈騙(だま)されたと思って、一度比べてみて〉と日本の景観を紹介するユニークな企画。

 例えば、千葉県木更津市の江川海岸はボリビアの広大な塩原・ウユニ塩湖を、和歌山県古座川町の一枚岩はオーストラリアのエアーズロックを思わせる。大分県・原尻の滝は「日本のナイアガラの滝」、神奈川県・江の島は「日本のモン・サン・ミシェル」「日本のマチュピチュ」となると兵庫、大分、埼玉、岐阜にもある。

 豊富な写真、エピソードにアクセス情報も掲載、話のネタ、旅の参考に。(PHP文庫、886円)