提供卵子で新たに3人出産 第三者から、NPO発表

 第三者から無償で提供された卵子を使い、自分の卵子がない不妊の女性3人が新たに3人出産したと、神戸市のNPO法人「卵子提供登録支援団体(OD-NET)」が27日、千葉市で開かれた日本受精着床学会で発表した。この団体は昨年3月に1例目の出産を発表しており、計4人が同団体の仲介で生まれたことになる。

 今回出産したのは、染色体の異常で生まれつき卵子のないターナー症候群や早発卵巣機能不全の40代の女性。提供された卵子を夫の精子と体外受精させ、本人の子宮に移植し、平成29年1月以降に男女3人が生まれた。赤ちゃんの成長も良好という。他に移植を受けた1人は妊娠せず、1人が流産した。

 団体は、不妊の女性のために無償で卵子を提供するボランティアの募集を25年に国内で初めて開始。ただし現在は提供卵子の数が限られていることなどから新規患者の募集を停止している。