骨髄移植など啓発強化へ NPOが特設サイト

 白血病など血液がんの治療法である、他人からの骨髄移植、末梢血(まっしょう)幹細胞移植、臍帯血(さいたいけつ)移植は、「造血幹細胞移植」と総称される。毎年3500人を超える患者が移植を受けているが、骨髄バンクに登録した人からの提供はそのうち約3割にとどまっているのが課題だ。

 認定NPO法人キャンサーネットジャパン(東京)と神奈川県は、移植についての社会の理解を深めるため、「造血幹細胞移植の総合支援プロジェクト START TO BE(スタートトゥビー)」の特設ウェブサイトを公開した。

 患者や家族が安心して治療を受けられる環境を整備し、提供者(ドナー)がこの医療の意義や方法を十分に理解した上で速やかに提供に至るよう、啓発活動を展開する。

 対象は、移植を必要とする患者と家族、ドナー登録に興味を持っている人や既に登録した人。患者や医師、移植コーディネーターらさまざまな関係者の視点で記事やインタビュー動画を掲載。内容は神奈川県立がんセンターの金森平和血液内科部長が監修する。

 サイトでは、ログインした際の申告に基づいて、関心のある記事やイベントなどの情報を「マイページ」に集約して表示し、電子メールでも記事を配信する。