破傷風、50歳以上はほぼワクチン未接種 災害時は高リスクに

 予防接種は子供向けばかりではない。ワクチンを受けないと大人も無防備な感染症がある。その一つが破傷風。土に触る機会が多い人や、西日本豪雨のような自然災害時にはリスクが高まるため注意が必要だ。

 破傷風は、土の中に広く生息する破傷風菌が傷口から侵入して感染する。毒素で神経が障害され、口を開けにくいなどの症状から全身けいれんなどが出る。発症者の致死率は20%を超す。

 かつて年間1000人以上の患者がいたが、昭和43年に公費による小児へのワクチン定期接種が始まり、若年世代の発症はほぼ抑え込まれた。しかし43年以前に生まれ、今年50歳以上になる人は、ほとんどがワクチン未接種で破傷風への免疫はないとみられる。

 今も年間120人ほどの患者が出るが多くは65歳以上の高齢者。けがや事故、土いじりなどで感染したとみられる。平成23年の東日本大震災でも10人程度の発症が報告されたがワクチン接種世代はいなかったという。

 日本プライマリ・ケア連合学会は、大人にも必要なこうしたワクチンの啓発を目的に、インターネット上に「こどもとおとなのワクチンサイト」を開設した。

 破傷風については、昭和43年以前生まれの人に「計3回の接種で免疫を付けて」と推奨。その後は免疫維持のため、10年ごとに1回の追加接種が望ましいとした。サイトを中心になってまとめた中山久仁子医師は「接種の有無は母子手帳で確認を。記録がなければ免疫が不十分と考え、3回の接種を勧めます」と話している。