集中治療室が耐性菌発生源か 鹿児島大病院8人死亡 病状進行に影響も

記者会見で、謝罪し頭を下げる鹿児島大病院の夏越祥次院長(中央)ら=3日、鹿児島市
記者会見で、謝罪し頭を下げる鹿児島大病院の夏越祥次院長(中央)ら=3日、鹿児島市【拡大】

 鹿児島大病院(鹿児島市)で入院患者から多剤耐性アシネトバクターや類似の菌が検出され計8人が死亡した問題で、病院は3日、記者会見し、感染症を発症していたのは4人で、うち3人が病状悪化に影響した可能性があるが、死亡との因果関係は不明確だとした。残る1人も影響した可能性は否定できないと認めた。残る4人については、感染症の発症はなく保菌状態にとどまったとして、死亡との因果関係を否定した。

 夏越祥次(なつごえ・しょうじ)病院長は「亡くなった患者のご冥福をお祈りし、ご家族に深くおわびする」と謝罪した。菌検出の15人中、14人は集中治療室(ICU)の入室中または退室後に検出され、ICUのマットレスからも菌が出た。病院は、ICUが発生源となった可能性があるとして、改修工事を実施している。

 病院は昨年4月から今年4月の間に入院していた患者5人から多剤耐性アシネトバクターが、平成28年9月以降に入院した10人から、類似の菌がそれぞれ検出されたと説明した。

 多剤耐性アシネトバクター検出が発覚した当初の対応について病院側は、菌が検出された患者の周辺の清掃強化や、他に保菌者がいないかどうか検査はしていたと強調した。