夏のレジャー保険 必要な分だけ上手に加入 (1/3ページ)

ワランティナウでは、保険契約をする品を動画で撮影する
ワランティナウでは、保険契約をする品を動画で撮影する【拡大】

 夏休み、山や海へ遊びに行く計画を立てている人も多いのでは。近年、1日単位でかけられるレジャー保険やカメラの保険など、必要な時に必要な分だけかけられる保険が活況を呈している。上手に利用すれば、夏休み中のレジャーを安心して楽しめそうだ。(油原聡子)

 リスクに合わせて

 三井住友海上火災が今年4月に発売したのが、「1DAY(デイ)レジャー保険」だ。24時間単位で、1人で入るプランは500円から加入でき、「ゴルフ向け」「スキー・スノボ向け」「ハイキング・軽登山向け」「レジャー全般」の4タイプがある。リスクに合わせた補償が特徴で、たとえば、ハイキング・軽登山向けの場合、救援者費用に使える保険金が300万円からと手厚い。

 NTTドコモなど大手キャリアのスマートフォンから申し込めるほか、セブンイレブンのマルチコピー機からも加入できる。

 同社で商品開発を担当した栗林伸元さんは、「レジャーでは、当日の天候によって直前まで行くか中止するか決められない場合も多い。このため、出発直前まで加入できる保険を開発しました」と説明する。

続きを読む