貼る・切る…安心で役に立つ子供の工作用品

スリーエムジャパンの「スコッチ速く接着する工作のり」
スリーエムジャパンの「スコッチ速く接着する工作のり」【拡大】

  • オルファの「キッター」
  • サクラクレパスの「4連射できるゴム鉄砲射的ゲーム貯金箱」

 小学校の夏休みの自由研究で、段ボールや色紙で乗り物、動物などを作る工作は人気がある。

 スリーエムジャパン(東京)は7月、「スコッチ 速く接着する工作のり」を発売した。液状のりが紙表面の繊維に素早く染み込み乾燥する。約10秒で強力に接着でき、手際よく作業ができる。乾くと透明。子供に人気の段ボールを使った工作に便利という。20グラム入りの店頭想定価格540円前後。

 オルファ(大阪市)の「キッター」は子供向けのカッター。8月から一部文具店で先行発売し、11月から全国で売り出す。刃の周りをプラスチックで覆い、先端の部分だけが外に出ている。切れ味が悪くなったら、付属の台座のへこんだ部分に刃先を差し込み折ることができる。替え刃1本付きの本体と台座のセットが店頭想定価格1300円前後。

 サクラクレパス(大阪市)は工作キット「4連射できるゴム鉄砲射的ゲーム貯金箱」を6月発売。厚紙や段ボールでできたパーツを接着剤で貼り合わせると、輪ゴムを飛ばすおもちゃの鉄砲と的ができあがる。鉄砲の台が貯金箱になっており、作った後も楽しめる。希望小売価格864円。