風疹患者、昨年の5倍超 大流行の兆し

 国立感染症研究所(感染研)は19日、今年の風疹患者数が昨年1年間の5倍を超える496人になったと発表した。関東地方を中心に感染が拡大。患者が1万人を超えた平成25年の大流行年前の状況に酷似しており、増加傾向が続けば2年後の東京五輪・パラリンピックへの影響が懸念される。

 感染研によると、9月3~9日の1週間に新たに報告された患者数は計127人で今年最多。都道府県別では東京が32人と最も多く、次いで、千葉(27人)、神奈川(19人)、埼玉、愛知(11人)、長野(5人)が続いた。

 流行はすでに34都道府県に及び、全患者数のうち男性が401人、女性は95人。30~40代の男性が目立ち、ワクチンの接種歴が「なし」や「不明」が多くなっている。

 政府は東京五輪・パラリンピック開催年度までに風疹の「排除」を目指している。ただ、風疹は複数年にわたり流行が続くことがあり、排除は困難になる恐れもある。

 風疹は妊娠中の女性が感染すると、生まれた赤ちゃんに障害が出る可能性もある。風疹の症状は主に発熱や発疹など。症状のない患者の唾液が、くしゃみなどで飛散して感染を広げることもある。