【河谷隆司の侍イングリッシュ】おしゃべり talk

 1960年代のアメリカの大ヒット曲「サウンド・オブ・サイレンス」(The Sound of Silence)をご記憶でしょうか。その歌詞は、talkとspeakが登場します。

 人々が何かを語り合ってはいる(talk)けれど、真意を語る(speak)ことはしてないといったニュアンスが感じられます。

 これと“韻を踏んでいる”のが、続くhearとlistenです。相手の真実の声を聴こう(listen)とはせずただ聞き流している(hear)というのです。

 talkは、意味のない無駄口といった文脈でよく使われます。私の書棚では「TALK LESS,SAY MORE」(私訳:おしゃべりは減らして意味の含有量を増やせ)という本がにらみを利かせています。

 有言実行はWalk the talk、口先だけなのがTalk the talk。むちゃなことや普通でない行為をするとすぐtalk of the town(町中の噂)になってしまいますから要注意です。

 ビジネスの世界でも、talkが良くないニュアンスで使われることがあります。ミャンマーなどの新興国へ打って出るのはいいけれど、駐在事務所を作って様子見ばかりの企業はNATO(=No Action Talk Only)と揶揄(やゆ)されます。

 異文化の交錯する世の中でこそ、言葉の数よりメッセージ性が大切です。これからの英会話はただtalkingするのではなく、人の心を打つspeakingでありたいものです。See you next time!(異文化マネジメント・コンサルタント)

 「産経オンライン英会話」はライフスタイルに合わせて朝5時から深夜25時までいつでも英会話レッスン。無料の体験レッスンは日本人講師も選べるので初心者も安心!https://learning.sankei.co.jp/