「残業が多い業界」ランキング マスコミ・広告・建築を抜いて1位だったのは…? (1/2ページ)

 残業が多い業界は? 転職・就職のためのリサーチサイト「Vorkers」の調査によると、1位は「コンサルティング・シンクタンク」で、月間平均残業時間は45.5時間(前年比6.8時間減)だった。ただ2013年のピーク時(82.6時間)から5年間で37.1時間減っていた。

 2位は「建設・土木・設備工事」の42.1時間(前年比6.6時間減)。同業界も過去5年間で月間残業時間が40.1時間減っており、労働環境の改善が進んでいることが分かった。

 3位は「広告代理店・PRなど」の41.8時間(前年比4.3時間減)、4位は「放送・出版・新聞など」の39.1時間(前年比4.9時間減)、5位は「フードサービス・飲食」の38.6時間(前年比3.5時間減)、6位は「監査法人・税理士法人・法律事務所」の37.3時間(前年比3.9時間減)と続いた。

 一方、残業が最も少ない業界は「ファッション・アパレル・繊維」の16.5時間(前年比3.4時間減)。次いで「日用品・化粧品」の21.3時間(前年比3.3時間減)、「小売り(百貨店など)」の22.2時間(前年比3.9時間減)という結果だった。

年代別の残業時間(=Vorkers調べ)

年代別の残業時間(=Vorkers調べ)

 調査では、全ての業界で残業時間が前年から減っていることも判明。業界によって差はあるものの、健全な労働環境づくりが浸透していることがうかがえた。

「冷静な若者の就業意識が反映」