【知ってる!?】住宅ローンを考える(4)共働きにも「W」の安心パック

 夫婦共働きでのローン返済を考える家庭も多いだろう。2人でフルタイムで働けば、駅近など便利な物件に手が届き、返済計画にも余裕が持て、繰上返済を検討することもできる。

 「一部繰上返済はインターネットで1円単位からいつでも受け付け、返済期間を短縮することが可能」と語るのは新生銀行住宅ローン部の櫻井美咲さん。「当行では、繰上返済で返済期間を短くした分、収入や支出に変動があった際に元本の返済を休むことができる『コントロール返済』というサービスと、一定条件下でローン残高相当額が介護保険金にて支払われ、返済に充当できる『安心保障付団信』(団体信用介護保障保険)がセットになった住宅ローンの付帯サービス『安心パック』を用意している」と説明。

 また、「安心パックW」は「急病の子供を専門スタッフが預かる病児保育サービスを使えたり、家事代行やハウスクリーニングを専門業者に頼める」という。申し込みには諸条件があり、交付されるクーポンを利用してサービスを受ける。

 櫻井さんは「金利だけでなく、借りたあとの生活も考えて住宅ローンを選んでほしい」と話す。(取材協力 新生銀行)