保温調理 食品ロス削減、家庭でも 企業も賞味期限見直し

 まだ食べられるのに食材が捨てられる「食品ロス」。国内では年間で約600万トン以上が廃棄されているとみられ、その削減に向けた工夫が広がっている。家庭向けでは、スープジャーで食材を無駄にしない調理法が公開され、企業では賞味期限の表示見直しによる食品廃棄を減らす対策が進んでいる。

食べられる部分増

 10月末、「ベターホームのお料理教室」(東京都渋谷区)で、料理研究家の野上優佳子さんが「白菜と豚肉の春雨うま煮」を調理し、サーモスのスープジャーに出来たての料理を注いだ。

 スープジャーは、小さな密閉構造の容器で保温しながら具材に熱を通す「保温調理」ができる。

 じわじわと熱が通り、野菜は皮をむかなくてもやわらかくなるので、捨てずに食べられる余地が増える。調理時間は短く、温かい料理が楽しめる。

 「余る食材はこんなに少ないんです」。野上さんが残った野菜ごみを見せると手のひらに収まり、参加者からは驚きの声が上がった。

 60代の女性は「工夫すれば無駄を出さず、社会のためにもなる。早速やってみたい」と笑った。

余らせないレシピ

 食品ロスが起きるのは、売れ残りや食べ残しなど、流通の過程だけではない。啓発団体「フードサルベージ」の平井巧代表理事は「冷蔵庫にある食材を事前にチェックして必要な分だけ買い、食材を上手に使い切るなど、家庭でもできることはある」と指摘する。

 サーモスが9月に発売したスープジャーの「JBU-300」(0・3リットル)は、実勢価格2680円。同社はホームページで、大根やさつま揚げをナンプラーで味付けした「エスニックおでん」や「和風ポトフ」などのレシピを公開している。

廃棄削減

 食品メーカーが賞味期限表示を見直すなど、企業の対策も進んでいる。

 味の素は昨年2月から約1年半をかけて、賞味期間が1年以上あるカップスープなど176品目について、賞味期間を延長するとともに、賞味期限の表示を「年月日」から「年月」に変更した。表示された月の末日まで安心して食べられることを保証することで、期限が近いと早めに店頭から商品を引き揚げる動きが減り、食品廃棄の削減につながる。

 企業にとっても、店舗や倉庫での管理コストが減り、保管スペースも小さくできる。納品期限などの見直しが必要なため、国はメーカーや小売業界に積極的に取り組むよう求めている。

                   

 ■環境省が小学生向け冊子

 「食品ロス」が君の家で1週間にどれぐらいあるか調べてみよう-。環境省が小学生向けの冊子「7日でチャレンジ!食品ロスダイアリー」を作成した。ホームページで公開しており、ダウンロードして授業などで使ってもらう。

 家族にも協力してもらい、捨ててしまった「食べ残し」と賞味期限切れなど「手つかず食品」の量をそれぞれ集計。「作りすぎ」「腐ってしまった」など捨てた理由の記載欄もある。

 1週間分の集計結果から、捨てられた食品を作る際に発生した二酸化炭素(CO2)や使われた水の量が分かり、地球環境への影響を考えるきっかけとなる。無駄になったおおまかな金額も計算できる。

 環境省によると、国内の食品ロスは平成27年度に646万トン。このうち家庭から289万トンが捨てられ、1人当たり約23キロになる。担当者は「一人一人がどれぐらい捨てているか認識することが大切だ」と話している。ダウンロード用のURLはhttp://www.env.go.jp/recycle/food/post_5.html