イチゴ狩り始まる、岡山・鏡野

イチゴ狩りを楽しむ家族連れら=岡山県鏡野町
イチゴ狩りを楽しむ家族連れら=岡山県鏡野町【拡大】

 岡山県鏡野町塚谷の体験型観光農園「山田みつばち農園」は1月5日を語呂合わせで「イチゴの日」とし、今季のイチゴ狩り体験をスタートさせた。5月下旬頃まで楽しめる。

 県内最大級の農園ハウス(縦80メートル、横40メートル)には、甘みと酸味が調和した「紅ほっぺ」やビタミンC豊富な「おいCベリー」、酸味が少なく香りが良い「かおり野」など5品種のイチゴを栽培。初日の5日は、待ちわびた家族連れらが次々に訪れ、甘い香りが漂うハウス内で味比べをしながら30分間の食べ放題を満喫していた。

 同県津山市立院庄小3年の朝比奈廉人(れんと)君(8)は「今まで食べたイチゴの中で1番おいしい。何個でも食べられる」と笑み。農園スタッフの関登貴子さん(32)は「ミツバチの受粉で実り、化学農薬を一切使っていないイチゴは、安心して召し上がって頂けます」と太鼓判。今季のイチゴの出来も「暖冬の影響で昨季の約1・5倍の甘さになっている」という。

 午前10時~午後5時(受け付けは同4時まで)。木曜定休(祝日は除く)。体験料は3月末まで中学生以上2160円、小学生1750円、3歳以上の未就学児1130円、3歳未満は無料。要予約。問い合わせは同農園(0868・54・5515)。