口永良部島が噴火 気象庁が噴火速報発表

 17日午前9時19分ごろ、鹿児島県・口永良部島の新岳で爆発的噴火が発生し、火口から約500メートルまで噴煙が上がった。気象庁は噴火速報を発表した。火口から飛散する噴石や火砕流に注意が必要だ。

 新岳は昨年12月18日に火砕流を伴う爆発的噴火が発生し、噴火が続いていた。同20日には連続噴火が止まったが、その後も高感度カメラによる監視で新岳の火口で白い噴煙が確認されていた。