インスタ映えで急上昇、「世界遺産より魅力」続々 滋賀で実感「SNS効果」 (1/3ページ)

インスタ映えスポットとして人気の「ラコリーナ近江八幡」=滋賀県近江八幡市
インスタ映えスポットとして人気の「ラコリーナ近江八幡」=滋賀県近江八幡市【拡大】

  • 「LAMP(ランプ)」のパフェ(箱館山スキー場提供)
  • カップルなどを中心に人気を集める山頂テラス「びわ湖の見える丘」=大津市

 平成29年に滋賀県を訪れた観光客数が前年比3.4%増の5248万1千人と過去最多を更新した。集客の原動力となったのは、琵琶湖や世界文化遺産の比叡山延暦寺、国宝の彦根城などおなじみの観光スポットではなく、写真の見栄えがいい“インスタ映え”する施設だった。民間調査会社の都道府県魅力度ランキングで全国38位、近畿で最下位の滋賀だが、近年は写真共有アプリ「インスタグラム」をはじめ会員制交流サイト(SNS)を通じて若い女性らが訪れているといい、県などもSNSでの魅力の発信を本格検討している。(清水更沙)

 国宝の3倍以上が訪問

 県によると、29年の観光客数でトップに輝いたのは、27年にオープンした菓子製造販売会社・たねやグループの旗艦店「ラ コリーナ近江八幡」(近江八幡市)。国宝・彦根城の83万6300人の3倍以上となる283万3900人が訪れた。

 和菓子や洋菓子の売り場が並び、職人が目の前でお菓子を焼き上げる工房やカフェが併設された店舗部分も人気だが、何といっても観光客を引きつけたのはそのユニークな外観だ。屋根一面が芝におおわれた建物は周囲の自然豊かな景観ともマッチ。建物を背景に記念撮影する人も多く、SNS映えする観光スポットを紹介するサイト「SNAPLACE(スナップレイス)」がまとめた「インスタ映えスポットランキング」で全国4位にランクインした。

 一方、大津市の高原リゾート「びわ湖バレイ」は28年にオープンした琵琶湖を一望できる山頂の休憩スペース「びわ湖テラス」が話題を呼び、観光客数は27年の37万2300人から29年は60万7100人に増加した。

 びわ湖テラスはカフェなどを備え、標高1108メートルから琵琶湖を見下ろすインスタ映えスポットとして若い女性らを中心に人気で、担当者は「SNS効果がなければ、これほど集客数は伸びなかった」と驚く。30年8月には新テラスもオープンし、さらなる集客につなげた。

女性らがスマホで風景を撮影