【100歳時代プロジェクト】「歩きたくなる」まちづくり (1/2ページ)

 ■「街路空間」充実 健康にも有用

 健康寿命の延伸に必要な「歩く力」。この力を伸ばすために役立つとされるのが、世界各地で進められている人間中心の街路空間づくりだ。「知らず知らずのうちに歩いてしまうまち」を目指し、国も全国に街路空間づくりを広げていこうと後押しする。ただ、車中心の生活となっている地方からは戸惑いの声も聞かれる。(道丸摩耶)

                   ◇

 ◆再開発で歩道広げ

丸の内仲通りの街路空間の整備について、三菱地所の担当者(中央)から話を聞く全国の自治体関係者ら=3月13日、東京都千代田区 (道丸摩耶撮影)

丸の内仲通りの街路空間の整備について、三菱地所の担当者(中央)から話を聞く全国の自治体関係者ら=3月13日、東京都千代田区 (道丸摩耶撮影)

 「以前はここまでが車道だった。区の許可を得て区道を2メートル狭め、両側の歩道を1メートルずつ広げる整備を行った」

 東京都千代田区のJR東京駅近くに伸びる「丸の内仲通り」で3月13日、国土交通省主催による全国の自治体担当者を集めた視察会が開かれた。都心の大丸有地区(大手町・丸の内・有楽町地区)を再開発する三菱地所の担当者が、地区の変化や開発の狙いを説明。参加者は石畳が敷かれた広い街路を歩き、関係機関との協議の方法などを積極的に質問した。

 丸の内仲通りは再開発により歩道が広がり、レストランやカフェがテラス席を広げたり、「東京ミチテラス」などのイルミネーションイベントが開かれたりと都内でも屈指の人が集う街路になった。こうした「人々が集う空間づくり」は、大阪市の御堂筋や北九州市の商店街「魚町サンロード」など全国で進む。

続きを読む