教育、もうやめませんか

科学で国を発展させる! 強い使命感に満ちた生徒が周囲の力を引き上げる (1/4ページ)

野村竜一
野村竜一

 新しいインターナショナルスクール「マナイ(=Manai Institute of Science and Technology)」の創設チームは今、世界6カ国20名の参加者とともに「マナイ・スプリングプログラム2019」のために沖縄に来ている。この春に6回目の開催を迎えた我々の「季節プログラム」は、まさに我々が創設しようとしている、既存の高校に代わる新しい学びの場のプロトタイプであり濃縮版である。今回はOIST(沖縄科学技術大学院大学)での開催だ。

マナイの「季節プログラム」

 2014年初冬に「サイエンスに特化した全く新しいスタイルのインターナショナルスクールを設立する」と旗を立て、仲間を集め、支援者と討議を重ね行なった最初の具体的な活動が2015年8月の第1回サマープログラムだった。世界中から参加者を募集した。1週間のプログラム期間中、生徒がグループを組み、自らテーマを設定し研究に取り組み、最終日にはプレゼンテーションを行う。

 サマープログラムに加え、昨年2018年からはスプリングプログラムも開催している。過去5回の季節プログラムの応募者数は662名、参加者は171名、参加国・地域14カ国となる。毎回、我々の想いに賛同してくれる大学や研究機関から施設やワークショップ講座の提供をしてもらっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus