趣味・レジャー

若冲で知られるプライス・コレクション、里帰りへ 出光美術館が一部購入

 出光美術館(東京・丸の内)は24日、伊藤若冲はじめ江戸絵画の充実ぶりで知られる米国のプライス夫妻のコレクションから、一部にあたる190件を購入したと発表した。このうち、「枡目(ますめ)描き」の技を駆使した若冲の人気作「鳥獣花木図屏風」など約80件を、来年9~12月に同館で公開する予定。

 コレクションは米国在住の収集家、ジョー・プライス氏(1929年生まれ)が1950年代から形成したもの。自らの審美眼に従い、日本でまだ知名度が低かった若冲らの作品をいち早く集めるなど、先見性で高く評価されてきた。

 同館によると、今回の収蔵分には若冲作品に加え、円山応挙のびょうぶ絵、酒井抱一の花鳥図などが含まれるという。作品の到着を待って今後、調査研究や修復などを行う。

 プライス夫妻は東日本大震災の後、被災地を励ましたいと岩手、宮城、福島各県で若冲の絵画を展示するなど、日本国内でたびたびコレクションを公開してきた。近年は高齢などを理由に、一部を「日本の専門美術館に引き継いでほしい」と受け入れ先を探していた。今年に入り、競売会社から購入打診を受けた同館は、夫妻が愛した日本美術を里帰りさせ、継承することを決めたという。

 出光佐千子館長は「結果として、若冲や応挙の写生画という、当館のコレクションに欠けている分野が充実することになった。江戸絵画を通史的に見れるようになり、美術館の成長にもつながる」と話している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus