趣味・レジャー

東武浅草とスカイツリー間 鉄橋に歩道整備 東京五輪へにぎわい創出

 東京都墨田区と東武鉄道は25日、東武浅草駅ととうきょうスカイツリー駅間を結ぶ鉄橋脇に歩道橋を整備すると発表した。来年の東京五輪・パラリンピックに向け、浅草と東京スカイツリーという東京の“2大観光地”周辺を、観光客や行楽客が楽しく歩けるようにし、“にぎわい”を創出するのが目的。

 区によると、東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の隅田川橋梁は現在、鉄道のみが通れるが、新たに歩道橋を整備。行楽客や観光客が電車の脇を歩けるようにする。

 区などでは、浅草とスカイツリーの間の線路沿いに、あわせて親水テラスやコミュニティ道路などを整備する事業も進めており、いずれも来年春ごろの供用開始を目指している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus