趣味・レジャー

千葉県内の61海水浴場 水質問題なし 7月1日から順次オープン

 夏の海水浴シーズンを前に千葉県は27日、県内18市町村の61カ所の海水浴場で行った水質検査の結果を公表した。基準値以上の大腸菌が検出されるなど水質が「不適」とされた海水浴場はなく、全海水浴場で放射性物質も検出されなかった。

 4月16日~5月14日に調査を行い、大腸菌の数や油膜の有無、海水の透明度などを調べた。

 5段階中最も水質の良い「AA」は海鹿島(あしかじま)(銚子市)や守谷(勝浦市)など19カ所。「A」は一宮(一宮町)や飯岡(旭市)など26カ所、「B」は北条(館山市)や白子(白子町)など16カ所だった。「C」はなかった。

 同県内の海水浴場で今年オープン予定なのは17市町村の57カ所で、7月1日から順次オープンする。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus