ヘルスケア

オプジーボで小腸炎、死亡 重大な副作用に追加

 厚生労働省は9日、免疫の働きを利用したがん治療薬「オプジーボ」を使用した患者が副作用とみられる小腸炎を発症して死亡したと公表。重大な副作用として薬の添付文書に追記するよう、製造元の小野薬品工業(大阪)に指示した。

 似た仕組みを用いる「キイトルーダ」の製造元であるMSD(東京)にも、同様に指示した。

 腸炎から、腸に穴が開く「穿孔」や、腸がふさがる「イレウス」となる例があることも添付文書に追記する。下痢や腹痛、血便が続く場合は投与の中止などを求める。

 厚労省によると、キイトルーダでは死亡例はない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus