教育・子育て

ミズノ開発の運動プログラム、ベトナムが義務教育に来秋にも導入 (1/2ページ)

 投げる、跳ぶ、走るといった動きを取り入れた遊びで子供の運動能力を高める日本発祥のプログラム「ヘキサスロン」が注目されている。開発したのはスポーツ用品メーカーのミズノ。日本の一部小学校だけでなく、ベトナムに輸出されて来年秋にも義務教育に採用される見通しだ。子供たちの運動不足はベトナムでも課題になっているといい、解消の切り札として期待が高まっている。(高橋義春)

 ベトナム戦争の影響

 ヘキサスロンはスポーツ振興策の一つとして、ミズノが平成25年に開発した。オリジナルの器具を使って運動が苦手な子供でもスポーツが楽しめるよう工夫してあり、これまでに国内の小学校91校が導入している。25メートル走やソフトハンマー投げなどのテスト項目で運動能力の向上が認められているという。

 教育事業の輸出を進めようと政府が28年に立ち上げた「日本型教育の海外展開官民協働プラットフォーム事業」にも採択された。日本の教育システムに関心のある新興国の中でベトナムが導入に名乗りを上げた。

 背景には、ベトナムの子供たちの運動能力の低さがある。ベトナムでは体育の授業時間数が少なく、内容も日本のように体系化されていない。特に小学校の校庭は狭いうえに、ベトナム戦争の土壌汚染から健康を守るために地面がタイルやコンクリートで覆われているという。このため軽い体操以外に満足なスポーツができない状況という。

 初等義務教育の学習指導要領に

 ミズノはベトナムの小学生にも運動の喜びを知ってもらい、スポーツの裾野を広げようと、28年からベトナムの各都市でヘキサスロンのPR活動を展開。ハノイの小学校でプログラム種目を紹介したところ、児童らが歓声を上げて喜び、夢中になって体を動かした。

 こうした実績が認められて、翌29年にベトナム国立教育科学研究所とヘキサスロンの実証に関する覚書を締結。昨年9月には、ベトナム教育訓練省が初等義務教育の新学習指導要領にヘキサスロンの導入を盛り込むことを決めたという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus