趣味・レジャー

ラグビーW杯を盛り上げよう 新千歳空港で体験会

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の札幌開催に向け、“空の玄関”となる新千歳空港ターミナルビル(北海道千歳市)で13日、3対3でプレーする「ストリートラグビー」の体験会が開かれた。

 ラグビーの魅力を知ってもらい、もてなしの機運を高めるのが狙い。親子連れらが飛び入りで参加し、ボールを追いかけた。札幌市から来た小学1年と6年の兄弟は「ルールが難しかったけれど、楽しかった」などと話していた。

 ストリートラグビーは激しい接触がなく、子供も楽しめるゲーム。体験会は札幌市の主催で、15日までの3日間実施される。

 W杯日本大会は12都市で開催され、札幌市では9月21、22の両日、札幌ドームで計2試合が行われる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus