ライフ

盛岡-宮古間で2階建てバス運行開始 岩手

 岩手県北バスが導入した2階建てバスが31日から岩手県の盛岡-宮古間で運行を始めた。乗客23人を乗せた第1便は午後1時15分、JR盛岡駅前から宮古市の浄土ケ浜パークホテルに向けて出発した。

 東北地方の都市間バスで2階建てバスはほとんど例がない。同社が導入した2階建てバスは座席数53。1階にフリーWi-Finoビジネスシート6席、2階最前列からの絶景が楽しめるワイドビューシート6席を設けたのが大きな特徴。

 残るスタンダードシート41席も2階にあり、沿線の景色を楽しめる。盛岡-宮古間は年間約30万人が利用する同社の最重要路線。2階建てバスは東日本大震災の復興に向けた観光客誘致も兼ねて導入した。

 第1便で2階最前列のシートを予約した岩大生の菊池宙夢さん(20)=北上市=は「記念に乗ってみようと思った。希望の席。景色を存分に楽しみたい」と笑顔で乗り込んだ。

 2階建てバスの盛岡-宮古間は1日1往復の運行で全席指定。料金はビジネスとワイドビューが片道2500円、スタンダードが2030円。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus