ライフ

受信料支払わないのは違法 NHKが公式サイトに警告文

 NHKは30日、公式サイトに「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題する警告文を掲載、受信設備があるのに受信料を支払わないのは違法だと告知した。

 文書では「このところ、『NHKを見なければ受信契約はしなくていい、受信料は支払わなくてもいい』と発言する人たちがいます」と問題視した上で、こうした主張に対し「明らかな違法行為などについては、放置することなく、厳しく対処してまいります」と記している。

 受信料を払った人だけがNHKを視聴できるスクランブル放送の実現を公約に掲げた「NHKから国民を守る党」(N国党)が参院選でNHKを批判して比例代表で1議席を獲得したが、NHKは警告文を「特定の誰かを念頭に置いたものではない」と説明。「見なければ受信契約はしなくていい」という趣旨の発言が最近頻繁に聞かれるとして「この機会に改めてお知らせした」としている。

 NHKの石原進経営委員長は参院選後、N国党の「スクランブル化」の主張に対し、「一見合理的に見えるが、分け隔てなく見られるようにする公共放送の理念とは矛盾し、問題がある」などと述べていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus