趣味・レジャー

香港国際空港の欠航、日本便も影響相次ぐ お盆休みの香港行きにも波及

 香港国際空港で大規模な抗議活動のため欠航が相次いだ問題で、日本を発着する香港便でも13日、欠航したり運航が遅れたりし、お盆休みを利用して香港行きを計画している人たちに影響が出ている。

 全日空は13日未明の羽田発の運航を中止。格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションも関西と沖縄発の2便が欠航した。キャセイパシフィック航空や香港エクスプレスといった香港を拠点とする航空会社でも欠航が相次ぎ、13日は各社合計で少なくとも10便以上の日本発の便が運航できなかった。運航が大幅に遅れている便も多い。

 大手旅行会社の近畿日本ツーリストによると、香港滞在の利用客がトラブルに巻き込まれたといった情報はないという。ただ13日も香港便に搭乗予定の人がおり、広報担当者は「全て飛行機の運航状況次第。利用客には空港の専用カウンターで説明をするなど対応を取っている」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus