教育・子育て

不登校の子供たちに学校以外の居場所を 9月、大阪八尾に学び場が開設 (1/3ページ)

 友人関係や学校でのトラブルなどさまざまな要因で学校に行けなくなる不登校。多くの学校は夏休み期間中だが、新学期の登校に不安を抱く子供たちも少なくない。家へ引きこもってしまうことなく、学校以外の場へ目を向けてもらおうと、大阪府八尾市に9月、小中学生向けの新たな通所施設が開設する。施設での活動内容は在籍校の成績に反映するよう計らう。入会希望者からは「やっと居場所ができる」と期待の声が高まる。(木ノ下めぐみ)

八尾で開所準備

 八尾市の近鉄八尾駅前にある商業施設「リノアス」の一角にオープンする不登校の児童生徒を受け入れる学習施設「輝(かがやき)」。淡い緑色が基調の内装で学習用のパソコンや個別学習に適したブース、仲間と交流できる大きなテーブルを配置する予定。「居心地のいい空間にしたい」と運営するNPO法人「輝」の理事長で元八尾市教育長の浦上弘明さん(65)が開所準備に追われる。

 小学校校長経験もあるベテランの元教員や、引きこもり当事者で社会復帰を果たした若者らが常駐し、学習相談だけでなく悩みを打ち明けやすい雰囲気作りを目指す。子供が家に引きこもり外出できない家庭へ、相談員を派遣して当事者や家族へのサポートも行う。まずは施設へ来てもらうように呼びかけるところから始めていく。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus